• 第64回北海道手をつなぐ育成会 全道大会 名寄大会 終了報告とお礼④

第64回北海道手をつなぐ育成会 全道大会 名寄大会 終了報告とお礼④

北海道手ほっかいどうてをつなぐ育成会いくせいかい
全道大会ぜんどうたいかい 名寄大会なよろたいかい 本人大会ほんにんたいかい 決議文けつぎぶん

決議文けつぎぶん意義いぎ (決議けつぎする意味いみ)>

 この決議文けつぎぶんは、1995ねん 旭川大会あさひかわたいかいより 大会たいかい参加さんかした本人同士ほんにんどうしはなって作成さくせいしているものです。 「~すること。」の「こと」をひとによっては、きつくってしまうかもしれない。けれど、わたしたちは、表現ひょうげんむずかしいなかで、自分じぶんおもいをつたえる機会きかいすくなく、うばわれてきました。障害者権利条約しょうがいしゃけんりじょうやくだい21じょうに「わたしたちには自分じぶんつたえたい方法ほうほう自分じぶん気持きもちやかんがえをつたえる権利けんりがあります。」とかれています。つたえきれない仲間なかまがいることをかんがえ、文字もじにして自分じぶんたちの要求ようきゅうつたわるように、ただしい情報じょうほうとなるように、決議文けつぎぶんつくり、つたけています。

  1. わたしたちにかんすることをめるときは、かならわたしたちをまじえてきめること。
  2. 福祉ふくしサービスのことばや、説明せつめい仕方しかたをわかりやすくすること。
  3. わたしたちが「いきいき」「のびのび」「ゆうゆう」とらせるために、適切てきせつ支援しえんけられるようにすること。
  4. 私達わたしたちらせるよう、就労しゅうろう保障ほしょうし、賃金ちんぎん工賃こうちん)をあげ、くに行政ぎょうせいは、所得補償しょとくほしょう責任せきにんつこと。
  5. 災害さいがいのときや日常生活にちじょうせいかつでも、しょうがいのことを理解りかいし、本人ほんにんしょうがいにおうじた対応たいおう(合理的配慮ごうりてきはいりょ)をおこなっていくこと。
  6. 日本にほんが「障害者しょうがいしゃ権利条約けんりじょうやく」をれました。(批准ひじゅんしました。)「障害者差別解消法しょうがいしゃさべつかいしょうほう」が平成へいせい28ねん4がつからはじまりました。「障害者虐待防止法しょうがいしゃぎゃくたいぼうしほう」も見直みなお必要ひつようがあります。よりよいものにえられるように、当事者とうじしゃ意見いけんくこと。
  7. 障害しょうがいがあっても、すべてのどもが地域ちいき学校がっこうで、義務教育ぎむきょういくける権利けんり保障ほしょうし、ともまな体制たいせい整備せいびすること。

2019ねん7がつ28にち
だい25かい 北海道手ほっかいどうてをつなぐ育成会いくせいかい 全道大会ぜんどうたいかい 名寄大会なよろたいかい 本人大会ほんにんたいかい 参加者さんかしゃ270めい決議けつぎ

本人決議文ほんにんけつぎぶん歴史れきし

開催年大会名参加者数
11995年旭川大会210名
21996年伊達大会207名
31997年釧路大会186名
41998年留萌大会280名
51999年札幌大会700名
62000年網走大会270名
72001年石狩大会278名
82002年帯広大会約300名
92003年小樽大会374名 
102004年函館大会207名 
112005年滝川大会300名 
122006年旭川大会300名 
132007年洞爺湖大会335名 
142008年札幌大会800名 
152009年釧路大会220名 
162010年紋別大会263名
172011年深川大会328名
182012年音更大会216名
192013年倶知安大会192名
202014年函館大会200名
212015年北広島大会272名
222016年旭川大会223名
232017年札幌大会600名
242018年苫小牧大会268名
252019年名寄大会270名
26
27
28
29
30
  • 2019/08/28(水) AM 10:38

トラックバックURL

2019年8月
« 7月   9月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031


Copyright©2014 北海道手をつなぐ育成会 All Rights Reserved.